Mac OS X アプリケーション: Interview 3.1

音源制御とテキスト書き起こしを同じ画面で行う、いわゆるテープ起こし、音源起こしツールです。

時間表示のクリック、あるいはコマンド+i で音源情報を表示します。この情報下部に音源をドロップして登録。本文1行目に音源の状態が挿入されます。これは作業を終えるまで編集しないでください。

対応音源形式は QuickTime で扱える全音声、動画です。これら以外なら別途変換が必要です。

再生と一時停止は command+1。command+2 で1秒巻き戻します。

再生中の位置記憶は保存時に自動で行います。あとで書類を開くと再生位置に自動で復帰します。

左の欄に頻出語句を記録しておき、クリックか control +1〜9キーで本文に入力できます。編集はリスト型ボタンから。項目のクリックで内容編集が可能。編集後、必ず歯車で戻ります。

また左の欄を表示したままにするか、control キーを押したときのみ表示するかが環境設定で選べます。

⚠️ なお、アプリケーションが起動しない不具合があった場合、もう一度ダウンロードしてみてください。

★ 最新版情報: 接頭辞を表示上でのみ色付けする選択肢を追加。辞書機能を追加。時間リンクの表示を地味なものに変更。音源情報を仕様変更。省略語のキーを1つ追加。省略語削除時のキー割り当て問題を修正。システムとかぶるものを含めたショートカットキーの変更。仕上げ機能に括弧類の閉じ確認を追加。プレイヤーが再生時間を誤認識する不具合を修正。音源情報表示内の項目が適切に更新されない不具合を解消。

更新:2018.6.20 バージョン:3.1 推奨:OS X 10.9+ ダウンロード: 310KB 初回起動時の注意点